インターンシップを始める前の自分

長期インターン,インターンシップ

私は友人と遊ぶ時間に1番幸福を感じます。インターンシップを始める前は遊ぶお金を稼ぐためにひたすらアルバイトをしていました。

アルバイトに時間を割けば割くほどお金は貯まりますが、肝心のお金を使うための友達と遊ぶ時間は減っていきました。それに稼げる額もたかが知れています。

頭を使うこともなくただ時間をお金に変えて、ルーティンワークをこなすだけの日々に次第に嫌気がさしていました。

それと同時にもうすぐ就活が始まるという時期に差し掛かり、将来に対する漠然とした不安も感じていました。

長期インターン,インターンシップ

インターンシップを始めたきっかけは?

長期インターン,インターンシップ

就活を意識し始めた頃、自分が社会に出てできることを考えましたが、何も思い浮かばず自分の強みをつくりたいと思い、強みをつくるためには人と違う経験をするべきだと考えました。そこで長期インターンシップへの参加を決意しました。

長期インターン,インターンシップ

なぜなら、学生のうちから社会人と同じような経験を積めると同時に、学生のうちだからこそ多くの失敗ができる機会であると感じたからです。

またアルバイトは時間をお金に変えるのに対して長期インターンシップは経験、あるいは成長をお金に変えるのものと気付き、成長するためのコミュニティであるインターンシップを非常に魅力に感じました。

インターンシップを通じてどんな風に成長したか

長期インターン,インターンシップ

私はもともと自分に全く期待をしていませんでした。そのため目標は、ほぼ確実に達成できる数字を設定し、成果がでなくてもそもそも期待していないため落ち込みもせず日々淡々と過ごしていました。

マインドはブレないため結果は安定していましたが、飛び抜けて成長することもありませんでした。そんな時先輩に「基準値を上げることが重要である」と教えられました。その言葉を聞き、自分に期待しないことは怠けていることと同じだと気付きました。

長期インターン,インターンシップ

出来るかどうかわからないことを、出来ると仮定し挑戦し続けることが成長に繋がるのだと思います。自分の基準値を上げることで確実に過去の自分より成長し、そのことが今の自分に自信をつけたと感じます。

成長できた理由・要因は?

長期インターン,インターンシップ

私が成長できた要因として、自走できたことがあげられます。新人の頃リーダーに多くのことを教えてもらい、とてもよく面倒を見てもらいました。

その結果着実に成果を上げることはできました。しかし、いざ自分が教える立場になった時うまく伝えることが思ったよりも難しかったです。

そこで私はまだ自立できていないと自覚し、主体的に行動するべきだと気付きました。出勤以外の時間を使い、自分のできていること、そしてそれはなぜ出来るのか、逆に出来ないこととその改善点、できている人との違いなど、自分で考え「言語化」する取り組みをしました。

長期インターン,インターンシップ

その結果自立できることの他に、独自の強みを見つけることにも繋がり大きく成長できたのだと思います。

これから挑戦したい事

長期インターン,インターンシップ

私は今まで先輩方に多くのことを教わったので、これからは中堅として新人のマネジメントを担っていきたいと思っています。

それはマネジメントすることが自分の成長促進にも繋がると考えているからです。人の長所を見つけることは自身の学びになり、問題点を見つけることは自身の課題発見のきっかけにもなり得ます。

そして教えるということは言語化能力を伸ばし思考体力向上にもつながるとも考えています。またなによりも、私が先輩方から教えてもらった考え方やスキルを後輩に受け継ぐことで今いる環境の素晴らしさを後輩にも感じてもらいたいからです。

長期インターン,インターンシップ

私にとってインターンシップとは

長期インターン,インターンシップ

私にとってインターンシップとは新たな自分と出会える場所です。参加する前の自分はインドアで保守的で1人が好きな人間でした。

しかし今では毎週末一日中歩き回りながら多くの人と関わっています。営業のインターンシップは多くの人と話し関わっていく過程でいろんな価値観と触れています。

新たな人や考え方と出会うことで自分の価値観もより柔軟に変化していきました。これは自分の可能性を広めることに繋がっているなと感じます。

長期インターン,インターンシップ

将来なにがしたいのか明確でない人こそ、インターンシップをしてみるべきだと思います。価値観を広げ、選択肢が増えることで見えてくる将来があると思います。

大学法政大学 文学部
学年3年
この記事を書いた人編集部長
「シューブン」の編集部長 新卒からビジネス関連のライティング業務やインタビューを多数経験。 年間約1000人もの学生と接点を持ち、インターンや就活に関する時流な情報を「学生目線」で発信中。 様々な学生にインタビューを行い、学生が「今」一番気になる記事を執筆。