インターンシップを始める前の自分

長期インターン,インターンシップ

インターンを始める前は、単位がかなり足りていたので大学に行くことがあまりなく、居酒屋のアルバイトをして終わったら寝て、遅い時間に起きるみたいなニートのような生活をしていました。

元々、新しいことを始めるのに積極的ではなかったですが、時間はたくさんあったので、資格の勉強をしようと教材などを買ったりしても続かずに終わってしまうことが多かったです。

ただ、心の中では「このままでは良くないな」など、自分の未来に不安が少しありました

長期インターン,インターンシップ

インターンシップを始めたきっかけは?

長期インターン,インターンシップ

インターンを始めようと思ったきっかけは、入社する前のニートのような生活をしていた時、フェルミ研究所というYouTubeチャンネルで「本を読むべき理由」という動画でした。

それまでは、本を読む習慣はなかったですが、その動画をきっかけに本屋に早速向かい、本を探していると「人生このままでいいの?」というビジネス書を見つけたのです。

その本には、人生を質問をうまく用いて良い方向に持っていく方法が書いてあり、自問自答をし「このままではいけない」と感じ「ちゃんと行動しよう」という意思が生まれました。

長期インターン,インターンシップ

インターンは、大学の教授から「やった方がいい」と聞いていて、何より自己成長がしたかったので「インターンシップを始める」と決心しました。

インターンシップを通してどんな風に成長したか

長期インターン,インターンシップ

インターンシップで身に着けたスキルは、営業職を行っているので、コミュニケーション能力や営業話法です。

特にコミュニケーション能力が圧倒的に成長でき、インターンシップを始める前はコミ障みたい感じでしたが、営業はどうしても話すことができなければ仕事として成り立たちません。

長期インターン,インターンシップ

なので、たくさん勉強やトークの練習をしてコミュニケーション能力を身に着けることができました。

そして、本を読む習慣を続けたことでマインドセットのやり方などの知識がたくさん付いたため、後輩からの相談などを受けたりすることが多くなりました。

インターンシップ先の会社では、起業をしようとしている方々が多くいるので、私もそこでやりたいビジネスを見つけて今では、将来新しいビジネスをやってみようと考えています。

成長できた理由・要因は?

長期インターン,インターンシップ

インターンシップを始めたときは、勿論知らない環境だったので最初はかなり緊張していましたが、既に所属していた学生がほとんど同い年なのに意識やスキルのレベルが高くてかなりの差を感じました。

みんな前向きに気合いが入って仕事に取り組んでいたので、自分も負けずに頑張って先輩達に追いつくため必死に努力しました。

それは、成長するための方法を考えたり、先輩や上司の方に積極的にアドバイスを貰いに行ったり、本からも成功するための考え方を学び取ることです。

かなり大変でしたが、先輩方からサポートして頂いたおかげで結果を残すことができました。

長期インターン,インターンシップ

これから挑戦したい事

長期インターン,インターンシップ

これから挑戦したいことは、今も所属しているインターンシップ先でクローザーになってチームリーダーの役職に就きたいです。

その役職に就いたら、自分自身の経験や知恵を生かして部下により良い成長ができる環境を整え、自らもクローザーという立場で直接的に会社の売上に貢献できるようになりたいと考えています。

それに、インターンシップを始めて1年以上が経ちこれからはたくさん後輩ができるので、先輩としてしっかり後輩に背中を見して自分が先輩にして頂いたように自分も後輩達を支える人間になりたいと思います。

やりたいと思っているビジネスも教育系のため、多くの人に「成功するため・成長するため」の考え方が身に付くような教育をし、才能やセンスがない人でも成功できる社会を作り、日本をより良くしたいです

長期インターン,インターンシップ

私にとってインターンシップとは

長期インターン,インターンシップ

私にとってインターンシップとは、これから先どうゆう人生を歩んでいくのかという分岐点となる可能性がある活動だということです。

長期インターン,インターンシップ

大学では普通学ぶことができないことが学ぶことができ、しかも実践をすることができます。

本格的に社会に出て働くとなったときにインターンシップをしたことがある学生とそうでない学生とでは、スキル面で最初のスタートラインがかなり変わると私はインターンシップをやってみて感じました。

そうすると、会社からの信頼や給料も変わってくるので、より充実した人生を送れる可能性をかなり上がることができます。

そして実際の体験できるので、就活時のどの企業を選ぶかの選択もより実践に基づいてより良い選択ができるようになると感じるので、インターンシップは全ての学生が一度はやっておくべきです。

この記事を書いた人編集部長
「シューブン」の編集部長 新卒からビジネス関連のライティング業務やインタビューを多数経験。 年間約1000人もの学生と接点を持ち、インターンや就活に関する時流な情報を「学生目線」で発信中。 様々な学生にインタビューを行い、学生が「今」一番気になる記事を執筆。