インターンシップを始める前の自分

長期インターン,インターシップ

インターンシップを始める前は、サークルやアルバイト、友達と飲み会をしたりとTHE大学生みたいな生活をしていました。

僕の中では充実した大学生活を送れていたので、当時は不安なことなどは特になかったですね。

長期インターン,インターンシップ

アルバイトでは、効率よく短時間でお金を稼げるという理由で家庭教師でアルバイトをしていました。

高校3年生の理系の教科だと時給も通常よりも高くなるので狙い撃ちで高い時給の案件だけやって、アルバイトをする時間をできる限り短くしてサークルや遊ぶ時間に充てる時間を長くしていましたね。

元々効率主義っていうこともあり、なにもない時間はなるべく作らずに効率よく常に予定が入っている日々を送っていました。

インターンシップを始めたきっかけは?

親が元経営者というのもあり、中学生の頃から「経営や事業の立ち上げをしてみたい」という考えがありました。

長期インターン,インターンシップ

ただ、大学が楽しかったというのと大学生活で知らないことをある程度知ってから何かを始めようと思い、まずは1年間自分にフリーな時間を設けるようにしました。

2年生から社会人になって社会に活躍するスキルがほしいと思い、そのときに一番早いのが営業のインターンシップだという結論になり、インターンシップを始めました。

当時、「ビジネス=営業」のイメージがあったというのもあり、営業のジャンルを選びました。

こういったスキルはインターンシップでしか学ぶことができないと思ったので、留学なども考えましたが、一番がインターンシップだという結論となり自分でインターンシップ媒体を探して始めることにしました。

インターンシップを通じてどんな風に成長したか

長期インターン,インターンシップ

インターンシップで身に着いたスキルは、行動力グリッド力。また、セールスの責任者をやらせていただいたときは、課題発見力解決力思考力を身に着けることができました。

長期インターン,インターンシップ

というより、インターンシップを始める前は何もスキルなど持っていなかったです。なので、たくさんのスキルや力を身に着けることができました。

それに長期インターンシップは1社だけではなく、3社でやらせてもらったんですよ。企業毎によって身に着けれるスキルが全然違いましたね。

成長できた理由・要因は?

長期インターン,インターンシップ

こういった様々なスキルを身に着けられたのは環境による要因が最も大きいと思います。

行動力が身に着いたのは、入ったインターンシップ先の周りの行動基準が高く、頑張る人達が多かったのでそれに負けないように行動していたら気づいたら行動力が身についていた感じですね。

長期インターン,インターンシップ

立ち上げの事業をやらせてもらった時は、0からの立ち上げだったので、最初は協力してくれるメンバーを探したり新規の顧客を探したりととても苦労しました。

しかし、おかげでどのように仕組み化してアプローチ方法を考えていくしかなかったので、そこで、思考法などを身に着けることができました。

ビジネススキルでは、法人営業で働かれていたビジネスマンの方々にインターンシップを通じて出会う事ことができたので鍛えてもらいました。

そこで、ビジネスのノウハウや営業力を大きく伸ばすことができましたね。

これから挑戦したい事

長期インターン,インターンシップ

これから挑戦したいことは、学生のうちでは残り1年間キャリア支援を頑張りたいなとは思っています。

長期インターン,インターンシップ

就活等して人生考えることとかキャリアを考えることは結構大事だなと思っていて、僕はこの先40年50年仕事していくなかで、おそらくキャリアに関わることってあまりないと思っているんですよ。

他にやりたいことがあるので。ってなったときに大学でいまのうちにキャリア支援や人材の仕事を頑張りたいなと思っています。それは自分の経験を生かして他社貢献をしたいっていうのもあります。

社会に出てからは新規事業として地方移住の推進の事業をやりたいと思っています。

私にとってインターンシップとは

長期インターン,インターンシップ

自分の可能性を広げられる場です。

っていうのも、大学生って自分の可能性を知らず知らずのうちに狭めていると思う人が多くて、意外に行動ベースで広がる世界だったりとか可能性って凄いあるなと自分は思っています。

そして、その可能性を広げるきっかけとしてインターンシップは最適だと考えています。

長期インターン,インターンシップ

自分の人生の目的などが決まっていない人はインターンシップをやるべきだとは思っています。なぜなら、目的ある人はもう行動してるんですよね。

まだ目的がない人っていうのは実際に動いてみないとやりたいことなど見つからないし、そういった人に限ってなかなか自発的に動けなかったりするのでその入口としてインターンシップは凄くいいと思います。

そしてインターンシップを通じて自分のやりたいことを見つけれていければいいのかなと思います。

大学神奈川大学 経営学部
学年4年
この記事を書いた人編集部長
「シューブン」の編集部長 新卒からビジネス関連のライティング業務やインタビューを多数経験。 年間約1000人もの学生と接点を持ち、インターンや就活に関する時流な情報を「学生目線」で発信中。 様々な学生にインタビューを行い、学生が「今」一番気になる記事を執筆。