インターンシップを始める前はどういう人間だったか

長期インターン,インターンシップ

インターンシップを始まる前は今とは全く違った人間でした。

というのは、自分に自信など到底なく周りの目を異常なまでに気にして、他人の意見に同調し、自分の意見は封じ込めているような人でした。今となっては、この時の自分が相当ひどいのは一目瞭然なのです。

長期インターン,インターンシップ

ですが、当時は「それが1番いい。みんなが良いって言うくらいだから私は問題ない。」とずっと思っていました。

ただ、他人の理想の中で生きていたので自分の夢を追いかけている人や誰の意見にも流されず自己責任で物事を決められる人には、常に羨ましさを感じていました。

インターンシップを始めたきっかけ

長期インターン,インターンシップ

インターンシップを探し始めたきっかけは、特に明確な動機があったわけではありません。

ただ、「すごい人は早いうちからインターンシップを始めている。インターンシップをする=優秀」という考えからでした。

とにかく色々なインターンシップを紹介サイトを通して探して、サイト上の性格診断を受けた上で「あなたにおすすめ」という欄の1番上に上がってきたものをとりあえずと思い応募しました。

長期インターン,インターンシップ

インターンシップを通じてどんな風に成長したか

長期インターン,インターンシップ

自分軸で考えられるようになりました。

人は人。自分は自分。当たり前のことだと理屈では分かっていても、どうしても比べてしまう、という自分から脱却できたように思います。仮にその考えに囚われても、そこから抜け出す方法を身につけました。

自分を認めることを知り、比較するのではなく“自分”が何をしたいかをまず考えることで、生きるのがとても楽になりました。

長期インターン,インターンシップ

仲間の契約も嬉しい、自分の契約も嬉しい。物事の良い側面ばかり見て、毎日が自分の好きなことで溢れていると、次々と楽しいことが寄ってくるものです。インターンシップを通してこれができるようになったのは個人的にとても大きいです。

成長できた理由・要因は?

長期インターン,インターンシップ

環境です。インターンシップ先には偉大な先輩方が沢山います。キラキラしている先輩たちはみんな夢に向かって努力しています。

そんな先輩に、「自分軸になると世界変わるよ」と言われたので、そんな世界を見たくなりました。

「周りの五人の平均は自分」とは言いますが、五人と言わず環境全体として、自分軸で走ってる人たちの中にいると、その考え方や行動の仕方が分かるようになっていきました。

悩むことがあれば、今までなかった考え方を教えてもらえます。大学にいてももちろん相談はできますが、結局は似たもの同士が集まっているので、そのように新しい考えに染まることは難しいです。

親でも友達でもない、一緒に頑張るチームという関係性の中で成長を促してくれる環境は必要不可欠でした。

長期インターン,インターンシップ

これから挑戦したい事

長期インターン,インターンシップ

これからは、自分が学んだことを、後輩の学びにしてあげられるように発信することを増やしていきたいです。

インターンシップを始める人誰もが自分に自信満々な訳ではないので、そのような人たちに私から伝えられることは沢山あると思います。

そのためにはチームリーダーになって部下を持ち、周りに信頼してもらうことはもちろん、自分の言語化能力や、他人に寄り添う能力も極めていかないといけません。

伝える学びを絶やさないように、自分も常に学び続け、成長しながらも誰かの人生の役に立てればいいなと思います。

長期インターン,インターンシップ

あなたにとってインターンシップとは

長期インターン,インターンシップ

私にとってインターンシップとは成長の場です。

上にあがろうとも常にもっと上がいて、いやでも成長させられます。理想の姿を追いかけ、追いついたらまた新たな理想が出来上がる。好奇心や向上心がある人には断然おすすめな場だと思います。

実際に私はその二つだけでここまでやってきました。サークルやバイトでは経験できない刺激が、自分を圧倒的に(スキル面でもマインド面でも)成長させてくれます。

長期インターン,インターンシップ
大学早稲田大学 国際教養学部
学年3年
この記事を書いた人編集部長
「シューブン」の編集部長 新卒からビジネス関連のライティング業務やインタビューを多数経験。 年間約1000人もの学生と接点を持ち、インターンや就活に関する時流な情報を「学生目線」で発信中。 様々な学生にインタビューを行い、学生が「今」一番気になる記事を執筆。